2009年04月29日

サロンに通ってハゲを直す

はげ(ハゲ)抜け毛はその原因が食事・喫煙・飲酒などの日常生活にあることも多く、単に本人の努力で改善できることもあります。

しかし、生活を変えることが難しい例、例えば仕事上の都合で十分な睡眠がとれないなど、また、原因が遺伝による影響の場合、本人の努力だけでは限度があるのも事実。
それでは、とうことで
本人の力ではどうすることもできないとき、ハゲ克服としてここ一番!発毛専門のサロンに相談してみるのも一つの手段です。

専門のヘアカウンセラーが、あなた自身の髪の毛の悩みに的確なアドバイスをしてくれるので、はげ(ハゲ)や抜け毛の原因を発見でき、その人その人にあったハゲ対策・発毛方法が見つけられます。

サロンというのは髪の毛の専門機関で、思った以上により最先端の技術を駆使した治療が受けられます。例えば頭皮の汚れをちゃんと落とすシャンプー方法や、個々にあった発毛剤、育毛剤を教えてくれ、発毛に関する様々な情報が収集できる場所です。

さらに自分ひとりではげ予防をするよりも、サロンに通って適切にサポートしてもらうことで治療を「継続」できるというメリットがあります。
ハゲ対策は始めてすぐに効果が出るものではありませんし、むしろ効果は見えにくいものなので毎日の積み重ねが必要です。だからこそ、悩みを解決するために共に悩み、考えてくれ、適切なアドバイスをくれるアドバイザーがそばにいることで、継続の可能性がでてきます。

しかし、一番の難点はサロンに通うのにはお金がかかることなのです。また、お金をかけて通えば100%ハゲが直るという保障もありません。そこに信頼実績のあるサロンを選ぶ難しさがあるといえましょう。実際に通ったことのある人の口コミや体験談を聞いたりして複数のサロンの比較してみて多くの情報を集めることが先決です。
また、こんな実績のあるところもあります。
⇒⇒⇒「奇跡のフサフサ発毛術!!」
posted by はげ太郎 at 18:54| 若 ハゲ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はげ(ハゲ)対策はフケ対策

はげ(ハゲ)の悩みのある人はフケでも悩んでいる人が多いですね。
フケとは、頭皮から出るアカ(垢)なのです。
頭皮は表皮、真皮、皮下組織の三つの層から形成されますが1番外側の表皮の角質層からフケが発生します。

皮膚というのは内側より新しい細胞がどんどん作られていますので、古い角質を外側にだんだんに押し出しながら移動して、フケとなって落ちていくのです。フケの正体とは角質層を構成する角質細胞のかたまりなのです。
一般に新陳代謝が活発思春期頃からフケは現れはじめ、20代の頃にはピークを迎えます。洗髪の回数が十分でないと多くのフケが発生します。

その他フケの原因としては微生物によることがあります。
その対処法として以前から抗菌剤などが使用されてきました。
フケ防止剤には次のようなものがあります。
●ジンクピリチオン.......抗菌剤(これは有名ですね)
●ピロクトンオラミン.....抗菌剤
●硝酸ミコナゾール.......抗真菌剤
●コロイドイオウ.........頭皮の過剰な皮脂を抑える
●メントール.............頭皮のかゆみをおさえる
●サリチル酸.............頭皮のフケをはがす

フケが蓄積するとかゆみが伴いますので、ついつい爪でかいてしまいますね。そうすると剥がれなくていい表皮の角質層までが剥がされてまいます。これにより頭皮が炎症を起こすこともあります。その結果、毛穴が皮脂に溜まって毛髪の固着力がいちじるしく低下するなど、抜け毛やハゲ(はげ)の原因にもなってきます。

こうならないためにも毎日シャンプーで余分な皮脂を落として、いくら痒くても決してかきむしったりしないようにするなど気をつけましょう。かきむしると頭皮が傷つき、発毛も阻害され、はげの原因になります。また、頭をかく癖もつき、痒くなくてもかいている状態に陥りますので注意。(私の場合はこれがひどく、頭皮中にカサブタができるほどの十度のかきむしる癖になってしまい、直すのに苦労しました)

それと!意外ですが、「シャンプー自体」がフケの原因となっている場合があります。通常のシャンプーには”合成界面活性剤”なる科学成分が大量に含まれています。これらが肌に合わなかったり、必要な頭皮の皮脂まで落としてしまうことがあるので、いくらシャンプーしてもフケが止まらない方は思い切ってシャンプーを変えてみるのも一つの手です。シャンプーを選ぶ方法は当サイトハゲにならないためのシャンプー選びをご参考に!
posted by はげ太郎 at 13:51| はげの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

季節とハゲ(はげ)は関係あるの?

果たして季節とハゲ(はげ)は関係あるのでしょうか?
ズバリ!あるのです。
季節が変わるときには当然ですが気温や湿度などの頭皮に影響する環境が変わってきます。
そして、髪の毛が一番抜けやすいと言われている季節は「秋」(9月〜11月あたり)なのです。なんとなくわかる気がしますね。木々の葉も木枯らしと共にヒュ〜ッと。
実際この時期になると髪の毛が抜ける量が増えるといわれています。

髪の毛は当然誰でも毎日抜け落ちますが、その数は通常50〜100本くらいです。それがこの時期に突入すると200〜300本も抜けることがあります。

なぜか・・・・・・

秋に抜け毛の増えてしまう一番の原因は、夏の紫外線なのです。頭皮が紫外線を浴びると炎症を起こしてしまい、頭皮のコンディションが最悪になり、発毛や毛髪の成長を妨げてしまい、こと秋に髪が抜けやすくなるのです。

ということは、秋の抜け毛を防ぎ、はげ予防をするには夏における頭皮と毛髪のケアに注意してなければなりません。
対策としてはまず、外出時は紫外線を防ぐために必ず帽子をかぶりましょう。そのとき、帽子で頭が蒸れないよう風通しの良いものを選びましょう。そして帽子はかぶりっぱなしにしないで、ついた汗などを拭き取り常に清潔に保つことを心掛けましょう。

夏は他の季節よりも多くの汗をかき、皮脂が毛穴に溜まりやすくなりますので、毎日マッサージしながらのシャンプーをして、髪の毛を清潔に保つことも大切です。(詳しくは当サイトのシャンプーのやり方の記事を読んでください。)

抜け毛が多い季節は秋の次に、春が多いです。このように秋や春などの季節の変わり目は、頭皮も秋用、夏用と、その季節に対応する頭皮に変わったりするそうですなので、一時的に抜け毛が増えたからといって決して慌てないようにしましょう。

posted by はげ太郎 at 13:14| はげの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運動は、はげ(ハゲ)に有効か?

運動は、はげ(ハゲ)に有効でしょうか?ズバリ!有効です。
運動不足は髪の毛の発育や健康のためにもよくありません。健康な体を維持し、ハゲ防止になるように日ごろから運動する習慣を身につけましょう。

現代人に多くみられる「肥満」の原因は、摂取したカロリーが消費カロリーを上回ることにより脂肪となって身体に蓄積されます。

実は肥満は、はげ予防や発毛のためにも悪いのです。身体を動かさなくなると、心肺機能が低下して、体内に取り込まれる酸素の量が減ってきます。その結果髪の毛を作る毛乳頭に栄養がいかなくなってしまいます。
ハゲ(はげ)薄毛、抜け毛の悩みのある人で自分が太っていると感じる方は毎日少しでも身体を動かす習慣をつけましょう。

運動不足になると、肩こりや頭痛、ちょっとの身体を動かすとすぐ疲れるなどの症状が起こります。肩こりや頭痛が起こるのは肩や首の筋肉が硬くなって血流が悪くなるからです。運動することで身体の筋肉をほぐし、血行を良くしましょう。

しかしながら、いきなり決まった運動をするというのも決意がいることでしょう。そこで、まずはウォーキングやジョギングなどの軽い運動からトライしてみましょう。脂肪燃焼するには有酸素運動が効果がありますので、歩くことでしたら日常生活の中にも取り入れられそうですね。通勤でも極力エレベーターを使わないで階段を使うようにしたり、工夫して運動する機会をつくりましょう。
身体のためにも、はげ予防のためにも運動する習慣を身につけたいものですね。

posted by はげ太郎 at 01:05| はげ 予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血行促進には水を飲め!

はげ予防や発毛のための重要なキーワードは「血行促進!」です。
では、血行をよくするためにはどうしたら良いのでしょうか?

まずは食生活です。
肉類や脂ものを多く食べると、血管にコレステロールが詰まり血流が悪くなります。血液は酸素・栄養素を細胞に補給して、いらなくなった老廃物を運びます。
なので、血液の循環が良い身体というのは、栄養素と老廃物の交換が円滑で、新しい細胞の生成も活発です。髪の毛もそのサイクルの中で作られる細胞の一つなので、血流が悪い状態ではそれが期待できません。そのことからも野菜類を多く摂り、肉類や脂ものの食べすぎに気をつけましょう。

もう一つ、血流をよくする方法として大きな効果があるのは、なんと、「水を飲む」ことなのです。水を飲むことによって血液の水分量を高めて血液をサラサラにしてくれます。
このことにより血液の流れが良くなってきます。就寝中に最も血液がドロドロになりやすいといわれているので、特に夜寝る前、と朝起きた時にコップ1杯の水を飲むと有効です。欲を言えばペットボトルの水か、家庭内浄水器を通した水がいいでしょう。

posted by はげ太郎 at 00:40| はげ 予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天ウェブサービスセンター

このページの情報はAmazonウェブサービスによって提供されています
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。