2009年04月29日

はげ(ハゲ)対策はフケ対策

はげ(ハゲ)の悩みのある人はフケでも悩んでいる人が多いですね。
フケとは、頭皮から出るアカ(垢)なのです。
頭皮は表皮、真皮、皮下組織の三つの層から形成されますが1番外側の表皮の角質層からフケが発生します。

皮膚というのは内側より新しい細胞がどんどん作られていますので、古い角質を外側にだんだんに押し出しながら移動して、フケとなって落ちていくのです。フケの正体とは角質層を構成する角質細胞のかたまりなのです。
一般に新陳代謝が活発思春期頃からフケは現れはじめ、20代の頃にはピークを迎えます。洗髪の回数が十分でないと多くのフケが発生します。

その他フケの原因としては微生物によることがあります。
その対処法として以前から抗菌剤などが使用されてきました。
フケ防止剤には次のようなものがあります。
●ジンクピリチオン.......抗菌剤(これは有名ですね)
●ピロクトンオラミン.....抗菌剤
●硝酸ミコナゾール.......抗真菌剤
●コロイドイオウ.........頭皮の過剰な皮脂を抑える
●メントール.............頭皮のかゆみをおさえる
●サリチル酸.............頭皮のフケをはがす

フケが蓄積するとかゆみが伴いますので、ついつい爪でかいてしまいますね。そうすると剥がれなくていい表皮の角質層までが剥がされてまいます。これにより頭皮が炎症を起こすこともあります。その結果、毛穴が皮脂に溜まって毛髪の固着力がいちじるしく低下するなど、抜け毛やハゲ(はげ)の原因にもなってきます。

こうならないためにも毎日シャンプーで余分な皮脂を落として、いくら痒くても決してかきむしったりしないようにするなど気をつけましょう。かきむしると頭皮が傷つき、発毛も阻害され、はげの原因になります。また、頭をかく癖もつき、痒くなくてもかいている状態に陥りますので注意。(私の場合はこれがひどく、頭皮中にカサブタができるほどの十度のかきむしる癖になってしまい、直すのに苦労しました)

それと!意外ですが、「シャンプー自体」がフケの原因となっている場合があります。通常のシャンプーには”合成界面活性剤”なる科学成分が大量に含まれています。これらが肌に合わなかったり、必要な頭皮の皮脂まで落としてしまうことがあるので、いくらシャンプーしてもフケが止まらない方は思い切ってシャンプーを変えてみるのも一つの手です。シャンプーを選ぶ方法は当サイトハゲにならないためのシャンプー選びをご参考に!
posted by はげ太郎 at 13:51| はげの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

季節とハゲ(はげ)は関係あるの?

果たして季節とハゲ(はげ)は関係あるのでしょうか?
ズバリ!あるのです。
季節が変わるときには当然ですが気温や湿度などの頭皮に影響する環境が変わってきます。
そして、髪の毛が一番抜けやすいと言われている季節は「秋」(9月〜11月あたり)なのです。なんとなくわかる気がしますね。木々の葉も木枯らしと共にヒュ〜ッと。
実際この時期になると髪の毛が抜ける量が増えるといわれています。

髪の毛は当然誰でも毎日抜け落ちますが、その数は通常50〜100本くらいです。それがこの時期に突入すると200〜300本も抜けることがあります。

なぜか・・・・・・

秋に抜け毛の増えてしまう一番の原因は、夏の紫外線なのです。頭皮が紫外線を浴びると炎症を起こしてしまい、頭皮のコンディションが最悪になり、発毛や毛髪の成長を妨げてしまい、こと秋に髪が抜けやすくなるのです。

ということは、秋の抜け毛を防ぎ、はげ予防をするには夏における頭皮と毛髪のケアに注意してなければなりません。
対策としてはまず、外出時は紫外線を防ぐために必ず帽子をかぶりましょう。そのとき、帽子で頭が蒸れないよう風通しの良いものを選びましょう。そして帽子はかぶりっぱなしにしないで、ついた汗などを拭き取り常に清潔に保つことを心掛けましょう。

夏は他の季節よりも多くの汗をかき、皮脂が毛穴に溜まりやすくなりますので、毎日マッサージしながらのシャンプーをして、髪の毛を清潔に保つことも大切です。(詳しくは当サイトのシャンプーのやり方の記事を読んでください。)

抜け毛が多い季節は秋の次に、春が多いです。このように秋や春などの季節の変わり目は、頭皮も秋用、夏用と、その季節に対応する頭皮に変わったりするそうですなので、一時的に抜け毛が増えたからといって決して慌てないようにしましょう。

posted by はげ太郎 at 13:14| はげの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

はげ と喫煙(タバコ)の関係

タバコを吸っている人(喫煙者)に注意!「喫煙」はハゲ(はげ)の原因になる大きな要素です。ではなぜ喫煙が髪の毛によくないのでしょうか?
まず、タバコに含まれる有毒物質の種類がニコチンをはじめ膨大な数ほどあり、必然的に悪い作用、影響があるのです。
このニコチンによる悪い作用には、血管収縮が挙げられます。血行が悪くなれば毛根や毛髪に栄養が行き届かなくなり、結果はげの原因となります。

また、タバコを吸うと悪玉コレステロールが増加します。
髪の毛は、ケラチンというタンパク質からできています。さらにケラチンのなかにはメチオニンというアミノ酸があり、コレステロールを下げるという大切な働きをしています。

これをタバコによる悪玉コレステロールの増加を抑えるために、メチオニンが大量に消費されるので不足状態になります。そうなると髪の毛の栄養素としての役にはなれず、毛球が痩せてしまい、はげの原因になるのです。

「タバコ」は、ファッションやカッコつけのため、あるいはストレス解消法として用いられているようですが、こと「健康」に関してはもデメリットあるのみです。

ハゲ防止やはげ予防をしたいのであれば、有無を言わさず、禁煙ですよ。禁煙するのはつらいかもしれませんが、禁煙するとかなりのお金が浮きますよ(経験者語る)。
また、今では電子タバコなるものが流行っていますのでそれを利用するのもいいかもしれません。
posted by はげ太郎 at 23:41| はげの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

はげ 抜け毛 薄毛 の原因8か条

はげ(ハゲ)抜け毛・薄毛の考えられる主な原因は次の8つが考えられます。薄くなってきたな!と思ったらまず自分のはげ・抜け毛・薄毛の原因が何からきているのか見つけましょう。

1、過度のストレス
仕事や生活上での精神的なストレスから自律神経のバランスが崩れはじめ、頭皮の血行が悪くなり髪の毛の状態が悪化すると考えられる。

2、遺伝及び男性ホルモン
一般的に男性ホルモンの分泌量が多いほど、はげになりやすいということです。これは、男性ホルモンのテストテロトンが髪の成長をストップさせると言われているからです。また、この男性ホルモンの分泌量は遺伝するといわれています。

3、紫外線
これは長時間日光を浴びたとき、紫外線が髪の毛のキューティクルにダメージを与え、はげ(ハゲ)につながります。また、紫外線を浴びることで大量の活性酸素が発生し、皮脂が過酸化脂質に変化してしまうことからもはげの原因につながります。
紫外線対策として特に夏場には帽子をかぶったり、女性では日傘をさして予防しますが、帽子をかぶる場合、帽子の中が蒸れると雑菌が繁殖して、予防が逆に はげの原因になってしまうので注意が必要です。
帽子は通気性のよいものを選びましょう。

4、冷え性
特に女性の抜け毛・薄毛(ハゲ)の原因として多いのが冷え性です。冷え性による血行障害により、髪の毛に栄養が行き届かなくなり、その結果、髪の毛が細くなったりハゲたりします。

5、喫煙
「タバコは百害あって一利なし」
ハゲに対してもそうで、タバコの成分ニコチンが身体の血管を収縮させてはげになると考えられます。

6、酒の飲みすぎ
酒(アルコール)の飲みすぎは、ストレートに肝臓に重度の負担がかかり、髪への栄養補給が行きにくくなり、結果はげになります。

7、偏った食事
偏った食事、特に脂肪の過剰摂取もハゲの原因の一つです。髪の毛の構成成分である良質なタンパク質、ビタミン・ミネラルなどの栄養素を十分摂取することが重要です。

8、睡眠不足
昼間にダメージを受けた体内細胞というのは、髪の毛に限らず、睡眠中に分泌されるホルモンや免疫細胞によってリカバリー(修復)されます。したがって、十分な睡眠がとれないと髪の毛の成長をストップさせることになります。


遺伝以外のハゲの原因は、日常生活の中に問題点があるといえます。さらに、原因は1つだけでなく、複数の要因が重なって、はげを引き起こしていることもあります。
posted by はげ太郎 at 01:07| はげの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

医学的見地から見たハゲになる原因

もともと「はげ(ハゲ)」は女性よりも男性に起こりやすいとされています。実際歳をとっても女性にはほとんどハゲの症状の人は見かけません。
医学的見地から見ると、これは男性ホルモンの働きであるというのが一般説です。男性ホルモンを代表する【テストステロン】であるといわれていました。

しかし毛根に悪影響をおよぼすと言われている男性ホルモンは、テストステロンではなく、5αジヒドロテストステロンというさらに強力な男性ホルモンという説が強まってきました。
これは5αリアクターゼという酵素が作用することによって、テストステロンがジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンに変化して発生してしまうのです。「5αリアクターゼ」という酵素は毛乳頭や皮脂腺に存在します。

このジヒドロテストステロンは非常に恐ろしく、産毛ですら生えないように完全に毛根を弱めてしまう働きがあるのです。
このジヒドロテストステロンの発生が「はげ」の原因の一つと言われています。
このため、女性よりも男性ホルモンの多い男性にハゲが多い理由となっているのです。
posted by はげ太郎 at 00:08| はげの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天ウェブサービスセンター

このページの情報はAmazonウェブサービスによって提供されています
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。