2010年04月29日

女性のはげ(ハゲ)や薄毛 対策

はげ(ハゲ)や発毛で悩んでいるのはなにも男性だけではなく多くの女性が薄毛で悩みんでいます。では、女性のはげや薄毛・抜け毛の種類にはどのようなものがあるのでしょうか?

びまん性脱毛症
この症状は女性特有の脱毛症になり、頭部全体にわたって髪の毛が薄くなっていきます。これは中年を過ぎた女性に多く見られます。
具体的には髪の毛の分け目や頭頂部より、頭皮が透けてくるようになります。
男性の場合の脱毛症は、髪の生え際あるいは頭頂部から薄毛がはじまり、その境界線が見た目にもはっきりして見えますが、この女性特有の びまん性脱毛症は頭全体的に薄くなってくるというのが男性との違いです。

分娩後脱毛症
これもまた、女性特有の脱毛症になります。それもそのはず、出産後に出る症状で、妊婦さんや出産後の女性に見られる症状です。
出産後しばらくの間、髪の毛が薄くなったり抜け毛が増えたりと、はげの症状になります。この状態は赤ちゃんの授乳が終える半年後くらいには元に戻ってきます。

牽引性脱毛症
「牽引(けんいん)」とは引っ張るという意味です。通常髪の毛は引っ張ったくらいでは抜けないのですが、特に女性でよくやるポニーテールなど、長い期間これを続けることによって引っ張られた髪の毛の根元部分が薄くなることがあります。
もし、この症状に気が付いたときには、髪を引っ張るような、髪の毛に負担をかけない髪型に戻すことで自然に治っていきます。

トリコチロマニア
これは日本語に訳すと「抜毛症(ばつもうしょう)」です。学童期の子どもに多く見られる症状で、寝ている間などに無意識状態のまま、自ら髪の毛を抜いてしまうのです。これもストレスなどが原因と考えられます。よく「円形脱毛症」に似ているのでよく間違えられます。

男性は極端な話、多少ハゲても大丈夫?ですが、女性の場合のはげ、薄毛はバスト同様に髪は女の命だけにかわいそうに感じます。薄毛、抜け毛、はげを予防して健康な頭皮環境を作りましょう。


>>スカルプD ボーテ シャンプーをもっと見てみる

posted by はげ太郎 at 17:12| 女性のためのハゲ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天ウェブサービスセンター

このページの情報はAmazonウェブサービスによって提供されています
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。