2009年04月28日

はげ と喫煙(タバコ)の関係

タバコを吸っている人(喫煙者)に注意!「喫煙」はハゲ(はげ)の原因になる大きな要素です。ではなぜ喫煙が髪の毛によくないのでしょうか?
まず、タバコに含まれる有毒物質の種類がニコチンをはじめ膨大な数ほどあり、必然的に悪い作用、影響があるのです。
このニコチンによる悪い作用には、血管収縮が挙げられます。血行が悪くなれば毛根や毛髪に栄養が行き届かなくなり、結果はげの原因となります。

また、タバコを吸うと悪玉コレステロールが増加します。
髪の毛は、ケラチンというタンパク質からできています。さらにケラチンのなかにはメチオニンというアミノ酸があり、コレステロールを下げるという大切な働きをしています。

これをタバコによる悪玉コレステロールの増加を抑えるために、メチオニンが大量に消費されるので不足状態になります。そうなると髪の毛の栄養素としての役にはなれず、毛球が痩せてしまい、はげの原因になるのです。

「タバコ」は、ファッションやカッコつけのため、あるいはストレス解消法として用いられているようですが、こと「健康」に関してはもデメリットあるのみです。

ハゲ防止やはげ予防をしたいのであれば、有無を言わさず、禁煙ですよ。禁煙するのはつらいかもしれませんが、禁煙するとかなりのお金が浮きますよ(経験者語る)。
また、今では電子タバコなるものが流行っていますのでそれを利用するのもいいかもしれません。
posted by はげ太郎 at 23:41| はげの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天ウェブサービスセンター

このページの情報はAmazonウェブサービスによって提供されています
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。