2009年04月26日

パーマやカラーリング・茶髪の悪影響

パーマやカラーリング、あと若者の茶髪が、はげ・抜け毛や薄毛の原因になっているという場合があり意外とこれに気づいてないのでは。

特に、発毛を実践している最中にパーマやカラーリング・茶髪をすることでせっかくの効果を阻止している場合があります。

それではそれらは髪の毛にどのような悪影響を与えるのでしょう。
いちばん、おかしやすいミスとして
薄毛になったからといって、髪の毛にボリュームをもたせる目的でパーマをかけるのが要注意です。

それでなくても薄毛で頭皮が弱っている状態なのですから、どう考えてもパーマ液が頭皮に浸透することはいいこととは言えません。
カラーリングも同じことが言えます。カラーリングが原因で薄毛が進行してしまいかねません。特に市販のパーマ液を購入して自宅で行う場合、特に頭皮が傷みますのでやめたほうがいいでしょう。

薬局でも簡単に安く買える、若者に流行りの茶髪剤も大いに抜け毛が増え、若ハゲになることがあります。髪の毛を染料で染めるわけですが、この染料は浸透性が高いので毛根の中にまで入り込んで毛根にかなりのダメージを与えてしまいます。

明るい茶髪は最悪で脱色してから染料で染めるか、もしくは同時に脱色するのでその分、毛根にかなりの負担をかけることになってしまいます。

茶髪にしてカッコつけてるときはいいですが、のちのち若ハゲになってしまったら元も子もないですね。

どうしてもカラーリングしたいということであれば、頭皮の回復処置をちゃんとしてくれる美容室、または はげ気味や育毛している人たちのためのカラーリング剤などを利用してみるといいでしょう。

いづれにしてもパーマは物理的にみて髪の毛の構成要素を破壊してしまいますので発毛をしている方にとってはパーマはあまりオススメできません。
posted by はげ太郎 at 22:05| 若 ハゲ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天ウェブサービスセンター

このページの情報はAmazonウェブサービスによって提供されています
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。