2012年04月24日

はげ に効く食べ物って何?

昔から、「昆布やワカメなどの海藻を食べるとハゲにならないよ!」と親からも言われてきたものです。確かに海藻類には、栄養学的にみてもビタミンB群、C、ミネラルや食物繊維を豊富に含む健康素材です。
昆布はカルシウムも牛乳の約6倍、食物繊維を大豆の約5倍も含んでいますので健康食としても非常に良いものがあります。
そして、その黒々とした色からしてもこれらを食べるといかにも髪の毛が生えてきそうな気がする。
果たして本当なのでしょうか?全くウソとも言い切れませんが、科学的根拠もありません。
...が!私の母は現在90歳ですが、毎日昆布やワカメを食べているせいか、髪の毛が真っ黒フサフサです。
(コレホント)だから試してみる価値はありそうです。

はい次、
髪の主成分は「たんぱく質」です。よってたんぱく質を多く含む豆腐や納豆などの大豆類がいいはずです。
でもこれだけではつまらない。
では何がいったい、はげ予防や防止に効果があるのでしょうか?

調べによると、ネット上ではカプサイシンとイソフラボンの組み合わせが最強!だと言われています。
イソフラボンで有名な食品といえば「大豆」

カプサイシンは主に唐辛子やタバスコに入っていて、血管を拡張して血流をよくする働きをします。
イソフラボンは「たんぱく質」が豊富な大豆に多く含まれています。このイソフラボンは女性ホルモンの分泌を促して整える働きがあります。男性ホルモンが多いとハゲるのは事実なので女性ホルモンとのバランスをとってあげるのです。

要は「毎日納豆に唐辛子をふりかけて食べろ!」ということです。これだけでかなりの効果が期待できるということですよ。
カプサイシンとイソフラボンを一緒に摂取することによって「インスリン様成長因子-1(IGF-1)」が増えて発毛を促すそということです。
これは大学教授による研究実験の結果であり、科学的根拠もあるそうです。
カプサイシンで有名なのが唐辛子ですが、キムチ、あるいはサプリメントもあります


実はこの原理から、唐辛子と大豆で作ったサプリメントもあるくらいです、


posted by はげ太郎 at 00:54| はげ 予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天ウェブサービスセンター

このページの情報はAmazonウェブサービスによって提供されています
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。