2009年04月20日

医学的見地から見たハゲになる原因

もともと「はげ(ハゲ)」は女性よりも男性に起こりやすいとされています。実際歳をとっても女性にはほとんどハゲの症状の人は見かけません。
医学的見地から見ると、これは男性ホルモンの働きであるというのが一般説です。男性ホルモンを代表する【テストステロン】であるといわれていました。

しかし毛根に悪影響をおよぼすと言われている男性ホルモンは、テストステロンではなく、5αジヒドロテストステロンというさらに強力な男性ホルモンという説が強まってきました。
これは5αリアクターゼという酵素が作用することによって、テストステロンがジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンに変化して発生してしまうのです。「5αリアクターゼ」という酵素は毛乳頭や皮脂腺に存在します。

このジヒドロテストステロンは非常に恐ろしく、産毛ですら生えないように完全に毛根を弱めてしまう働きがあるのです。
このジヒドロテストステロンの発生が「はげ」の原因の一つと言われています。
このため、女性よりも男性ホルモンの多い男性にハゲが多い理由となっているのです。
posted by はげ太郎 at 00:08| はげの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天ウェブサービスセンター

このページの情報はAmazonウェブサービスによって提供されています
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。